相続・遺言 | 札幌で相続と不動産登記ならはぎわら司法書士法人

相続・遺言inheritance & will

あなたにとって最適な相続手続き・遺言作成を

お手伝いいたします。

相続について

遺産相続の問題は、親が亡くなった時に突然表面化します。
一生の間に何度も起こることではなく、初めて経験する方も多いため、専門的な知識を持ち合わせていない場合がほとんどです。
相続問題に直面した際に、法律を知らないまま不用意に行動してしまったり、相続人同士がお互いの主張をぶつけ合ったりすると、問題が複雑化し、収拾がつかなくなることがとても多いです。

相続の原則は法律で定められていますが、実務上は原則通りではないことが多々あります。これらは法律の知識と経験の蓄積がなければ理解することがとても難しい部分です。遺産分割には、「相続人の確定」と「遺産の確定」が必要で極めて重要な事項となりますので、相続が発生した初期段階から当事務所にご相談いただけると、面倒な揉め事などによる精神的な負担を最小限に抑えることができます。

 

遺言書とは?

遺産相続において重要な意味を持つ「遺言書」とは、「その人の最後の意思表示」として民法960条から1027条までに規定されている法的文書のことです。

端的に言うと、自分の財産を、誰に、どのくらいの割合で、どのように渡すかを、被相続人が自分の意思で記載した書面のことを言います。 被相続人の意思である遺言書の存在により、遺産分割のトラブルが起こりにくくなります。
遺言書がないと本人の意志がわからないため、相続発生後の相続人間のトラブルを未然に防ぎたいのであれば不可欠なものと言えるでしょう。

なお、遺言書が見つかった場合には、公正証書遺言を除き、家庭裁判所にて「検認」と呼ばれる手続きを経てから開封しなければなりません。
勝手に開封することは厳禁ですのでご注意下さい。

  1. 相続・遺言