遺留分について | 札幌で相続なら はぎわら司法書士法人

遺留分についてAbout legitime

遺留分について

共同相続人 遺留分
配偶者 兄弟姉妹
配偶者と子 1/2 1/2 - -
配偶者と親 2/3 - 1/3 -
配偶者と兄弟姉妹 1/2 - - -

被相続人が遺言書を残していた場合、被相続人が自分の財産をどのように引き継がせるかは、被相続人の意思によって決めることができます。極端なケースだと、法定相続人以外の第三者に全財産を遺贈することも可能です。

しかし、その結果として、本来相続できるはずの遺族が財産を全く相続することができなくなってしまいます。
このような問題を防ぐために、一定の範囲内の相続人に最低限保障されている相続分のことを「遺留分」といいます。

遺留分が認められている相続人は、配偶者・子・父母や祖父母などの、直系だけです。
兄弟姉妹は直系とはならないので、遺留分はありません。

 
  1. 相続・遺言
  2. 遺留分について